すきま時間、アプリで学ぶ生け花アート

生けるテーマ

作品となるまでのダリア、パイナップルリリー

 よく質問されることがあります。それは、初めて生け花に触れる方々からの質問です。「花材を手にした時、どのような生け花にするのか決めていますか?」と。私の場合、特に明確な計画はありません。なんとなくイメージして進むこともあれば、一つの花材の特定の部分に魅了され、そこからストーリーが生まれることもあります。時には、全く予期しなかった方向に進み、まるで逆転劇のように全く異なる作品が出来上がることもあります。 それは、同じ花材が存在しないことや、たとえ、全く同じ花材があってもその時の私の心情が異なることも理由です。花材、季節、心情、器など、すべての条件が異なるため、無限のバリエーションが生まれます。あなたが生けた生け花は、その瞬間にしか存在しない、世界で一つだけの作品です。今回はこの2本のダリアに惹かれました。束になった花材を購入し、持ち帰ってラッピングを外すとなんと一枚の葉。もう一つは1センチほどの小さな葉。ほんの少し高さを違えて2本のダリアを生けてみました。ここから物語は始まったのです。 🍃🍃🍃今週もなだらかな流れに調和できる暮らしでありたい。皆様にとっても素敵な一週間となりますように。

生け花レシピ

生けてみた

記事新着

生け花の基本(2-2)・心と感性
タイトル、[生け花の基本(2-1)・役枝]で既に投稿していますが、はて(2-2)と順番を悩みました。hanaliveが重視す...
生け花の基本(2-1)・役枝
はじめに生け花は全ての花材が正面を向いてることは殆どありません、向きは置き場所によって変わります。例えば、室内の左側に置く場...
アトリエは今!お稽古と五目寿司の物語(3-3)
五目寿司、一つ一つの具材は活かされた材質と、味付けされた極上のもの。具材1: 人財生徒さんA:アトリエに通い出してまだ2年足...
アトリエは今!お稽古と五目寿司の物語(3-2)
6.30年ほど前、家元から離れて一人活動一人活動に慣れ切った今、ふと気付くと集まる方たちは個性豊かで、それぞれの特性を認め合...
アトリエは今!お稽古と五目寿司の物語(3-1)
1. お稽古はじめの様子お稽古には目安の時間はありますが、決まった時間はありません。家事がひと段落してやってくる人、先のお稽...